食い扶持

20日に,実家のある一関まで,東北本線が復旧しました.
遠回りになりますが,東京から秋田経由で実家まで帰ることができるようになった,ということです.

そこで21日に両親に連絡してみたところ,丁寧に断られました.
あまり食べさせてやれないから,ということのようです.つまり食い扶持が増えると困るということですね.
ほしいものがあるか聞いたところ「ガソリン」だそうです.うーむ,それは背負って持って行くことはできないなぁ.

金野も被災地を何らかの形で支援したいですが,まずは義援金などのお金.状況が許せば手元にある物資などを送ることができるかも.その次は?

…やっぱり頭を使うことしかないですかね.
腰痛持ちが体を提供しても役に立たない.脳みそはいくらか役に立つかもしれない.
いま,東日本では電力が逼迫しています.つまりエネルギーの問題.
エコエネルギーコースの教員としては,エネルギー効率の良い推進方法を研究するとか,まぁ内容はともかく研究を通して社会に貢献することが求められているものと思います.

うちの大学では,他大学と連携して社会貢献教育を展開しています.社会貢献学会も立ち上げました.支援ボランティアの募集も行っています.
まずは日常の研究生活を地道にがんばりつつ,これらのルートも使って何らかの貢献をしたい.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。