さいきんの読書:朱夏

リオ」を読んでから今野敏のおもしろさにはまり,その続編である

朱夏―警視庁強行犯係・樋口顕

を読んでみました.

「リオ」もおもしろかったのですが,金野の印象では「朱夏」の方がおもしろいです.
というより,「リオ」を読んでいると「朱夏」のおもしろさが倍増します.主人公など登場人物の立場や性格などが分かるので,その行動や心理描写のおもしろさ(興味深い,という意味での)が分かるので.

警察小説ですが,謎解きの要素はあまり強調されていません.登場人物の心理描写を楽しむストーリーです.

これも一気に読みました.お薦めです.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。