小池勝著「流体機械工学」

専門的な本ですが,金野の担当している推進工学・抵抗工学特論という授業で参考にしていて,学生にも紹介したので,ここでも触れておきます.

コロナ社の「流体機械工学」という本です.タイトルは一般的ですが,中身はいろいろな特徴のあるユニークな本です.

特にプロペラの設計方法を具体的に説明しているところがありがたい.授業ではこの部分を参考にしています.
鳥人間サークルの学生さんにも,役に立つかもしれません.

来年は教科書に指定しようかな.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。